建物の一元管理で様々な角度からのスキームを構築。
その独自のスキームをオーナー様にご提案いたします。
電力事業関連などの建物所有者としてだけでなく、
建物管理・運営者として培ってきた長年の経験や
ノウハウを活かしたオーナー様視点のトータルマネジメントです。

建物保全マネジメント

電力事業関連などの建物所有者、そして建物管理・運営者として培ってきた
長年のノウハウを活かした独自のプログラムに基づき、
建物の運営・管理全般の最適化と低コスト化のためにご提案。
各種調査・診断を行い、保全サイクルの
徹底管理により、様々なニーズに対して的確にマネジメントいたします。

このページのトップへ

コンストラクションマネジメント(CM)

建物オーナー様の利益確保・コスト削減を図りながら工事の円滑な管理、
およびオーナー様側の代行人として、技術的な中立性を保ちつつ
見積・設計・発注・施工の各段階において建設内容を随時確認し、助言や評価などを行います。

ビルのリニューアル事例

このページのトップへ

エネルギーマネジメント(EM)

電力事業関連建物などを管理・運営してきた東電不動産だからこその強みを活かし、
エネルギー使用量(省エネ)の最適化をご提案いたします。
また東京電力グループのネットワークと、
各サービスを駆使した総合マネジメントを行います。

エネルギー管理プログラム

電気使用状況を“見える化”する電力量計「スマートメーター」の導入をはじめ、
エネルギー使用状況を適切に把握・管理。エネルギー使用量の削減につなげます。

エネルギー消費削減に貢献する「スマートメーター」とは?

スマートメーターは、エネルギー管理システムを通じて電気使用状況の見える化を可能にする電力量計です。日々30分ごとの使用量データを活用し、より詳細の電気使用量が把握できます。双方向通信機能を備えたスマートメーターにより、電気料金メニューの多様化や社会全体の省エネ化への寄与、電力供給における将来的な設備投資の抑制などが期待されています。

排出権取引制度についてご提案

二酸化炭素など温室効果ガスの削減目標を達成するため、
企業間などで温室効果ガスの排出量(割当排出単位)を
取引する制度があります。
制度の活用法についてご提案いたします。

エネルギーマネジメント(EM)を支える東京電力グループの総力

建物とエネルギーは相互で深い関係性を持っています。運用開始後の建物の省エネ性能を最大限に発揮させるためには、
設備配置の工夫や断熱性の向上などの技術的なサービス提供が重要となります。
当社では電気を供給してきた東京電力グループの総力を集約し、
エネルギーと建物の相互補完の関係性を構築できる質の高いサービスをご提供いたします。

このページのトップへ